読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとましーん

SIerで働き、外出で何か美味しいものをさがし、節操なく興味のままに行動するアラサー男の備忘録です。

ワールドカップ2次予選 日本 VS シリア 試合レビュー

結果だけ見れば5-0と圧勝でしたが、なかなか課題の多い試合でしたね。

 

序盤から攻め込んでいて、相手のオウンゴールで先制点取ることができたことはよかったですが、その後は例によってシュート精度が悪く枠を外したり、狭いスペースでちまちまとパス回してカットされるという悪い循環。後半、相手がかなり前がかりになり、スペースが多かったので点が入りましたが、ちゃんと守られている時に中々点が取れないので、最終予選に嫌な予感が漂いました。まぁ、普通のことなんですかね。

 

その他に気になったこととして、試合後のインタビューで本田や吉田が言っていましたが、守備の部分。相手にチャンスを作られることが多かったです。理由は明白で、攻める時に人数をかけすぎていること。それと、安易なミスがDF・DMに多かったことですね。最終予選だと即失点に繋がるので、ぜひ改善して欲しいところです。後ろに3人か4人くらいしか残していないことが多く、カウンターの時に数的不利になりがちでした。

 

否定的なことばかりかいていますが、良くなったなぁという部分もあります。今までの日本代表と比べると球際で激しく当たることができるので、その点は見ていて楽しいです。また、バックパスや横パスも減っているのでテンポよく見ることができます。バックパスや横パスは、普段サンフレッチェの試合を多く見ているので、尚更少なく感じますね。笑

 

また、今後セットプレーが楽しみです。この試合では決まりませんでしたが、ニアにボールを入れて、後ろにすらすということをよくやっていましたね。メキシコが良くやるイメージですが、相手より背が低いことが多いので、この手のプレーは有効だと思います。今回は決まりませんでしたが、ぜひ決まるようになって欲しいです。

 

では、例によって上から目線の個人採点です。

 

西川:6点:きわどいシュートを数本止めました。フィードも安定。クロスの処理はちょっと怖いですね。

酒井高徳:6点:安定してきています。酒井宏樹よりも、安心して見られますね。

吉田:5.5点:不安定。ミスが多い。敏捷性に問題が・・・

森重:5.5点:不安定。ミスが多い。

長友:6点:最後のクロスが決まらなければ、もうちょっと低くなると思います。左足クロスでアシスト、久々に見ました。左足クロスは中にゴロパスで入れることができないので、あまり期待できないと思っています。

長谷部:6点:らしくないミスも幾つかありましたが、概ね安定。得点が長谷部に期待できない点も安定。

山口:5.5点:怪我大丈夫でしょうか。攻撃でもっと飛び出してみたら面白いのでは。

本田:6.5点:守備するようになりましたね。相手のカウンターで戻って来るあたり、運動量が多いです。また、トラップもずれが少なく、ボールがよく収まります。

香川:7点:2点とったのでよかったですが、取ってなければほぼ見せ場なしです。ドルトムントで前半戦見ることができた、逆サイドのSBへの大きい展開はいくつか見ることができましたね。

宇佐美:6点:後半完全に消えました。前半は頼りになりました。ただ、狭いスペースでボールを回したがる雰囲気があるので、そこは改善を。

岡崎:5.5点:もうちょっとで得点でしたね。

【交代選手】

原口:6.5点:ボランチでの起用でしたが、ドリブルでボールを運ぶことができるので、今までのボランチより見ていてダイナミックです。得点も取れましたし、守備も向上しているのでもっと伸びて欲しいですね。

金崎:5.5点:岡崎と似たプレースタイルになってますね。

清武:採点不可

 

 

パン作りの資格無し。ブリオッシュ。びっくりするくらい失敗した。

パン

ホームベーカリーでブリオッシュをたまに作っていますが、最近びっくりするくらい失敗しました。ブリオッシュて何?というのは、要はバターの多い、デニッシュのようなパンだと思ってください。いつも調子にのって美味しい、上手にできた、のような記事を書きますが、慣れないことをするとすぐ失敗します。笑

 

あまりの失敗に茫然自失となりましたが、一応記念に写真とりました。(何の記念?)焼き上がりがこんな感じになりました。左のよく分からない固形物が今回出来上がったものです。ちなみに、原価は250円近くします。

f:id:parapara29:20160321001617j:image

その辺に落ちていそうな石みたいですね。こんな見た目ですが、中身はぎっしりと重いです。カロリーは1500Kcalあります。
どうしよ、これ・・・・
 
焼いている最中から、普段なら漂ういい匂いが全くせず、おかしいと思いつつ蓋をあけるとコレが出てきました。どどーん、と合成に失敗した時の効果音が仄かに聞こえてきた気がしました。いや、ちゅどーん、か。
 
どっちでもいいですね。
 
 
この失敗を繰り返さないように、何を間違えたのか考えてみました。PDCAです。PDCA。うーん、イースト入れ忘れたっけな?水入れてなかったかな?バター足りなかったかな?でも、入れたよなぁ。ちゃんと全部入れたはず。
 
と思いながら、よくよくレシピを見直すと、相当間違っていました。
・塩を全く入れていない
・水の分量が3割くらい足りない
・強力粉しか入れておらず、薄力粉を入れていない
 
ということが判明。全工程のうち、3割くらい間違っている感じです。
パン作る資格なしですね。涙 
 
ブリオッシュは普通の食パンよりバターを多く入れるということに集中しすぎて、他をほとんど忘れていました。我ながらアホすぎて絶句です。ただ、食べ物を捨てるわけにはいかないので、ここからはどう食べたものか考えました。齧り付くにはあまりに大きいので、一応スライスにしてみました。
 
 

f:id:parapara29:20160321001645j:image
あ、ちょっと美味しそう。
食べてみると、全然味がしないパサパサした食べ物でした。うん。ある意味新境地。こんな無味なもの、初めて食べた。お店で出てきませんよ、これ。
出て来るとしたら、TBSの「噂の!東京マガジン」くらいです。これでカロリーだけてんこ盛りというのが非常に微妙なところ。(笑)
 
 
もちろん、嫁も息子も食べてくれないので、これを毎日食べて、なんとか完食する予定です。
 
 
そして、あまりに悔しいのでもう一度焼き直し。
f:id:parapara29:20160321001658j:image
ちゃんとできました。ゴールデンヨットという粉を使うと、たんぱく質が多いので膨らみ過ぎ、いつも爆発した感じになるので、見た目は悪くこんな見た目です。ですが、味はきちんと美味しいです。でも、この粉を使うと、後々パンがしぼんでいくので、他の粉と比べるとちょっと微妙です。あ、これは本題とは逸れますね。
 
では、今回はこれで。
当たり前なのですが、パンを作る時には分量を守りましょう、という話でした。
 
 
 
 

ホームベーカリーSD-BMT1001-T で作ったベーグルはお店より美味い。

パン

まだ、懲りずにパン作ってます。意外に飽きずに続けますね。美味しいですよね。パン。

 

2日に1回食パンを焼くのと、1週間に1回くらいベーグルを焼いています。一応、それぞれ粉を色々試していますが、ベーグルは赤サフと緑渦巻きという粉とイーストの組み合わせが鉄板だと思っています。ベーグルは2時間くらいあれば出来るので、手軽でいいですよね。

 

 

ちなみに、ずっと手ごねで以下のレシピを参考に初心者丸出しベーグルに勤しんでいましたが、焼けた直後はかなり美味しいものの、3時間くらいすると異常に硬直が激しくなることが気になっていました。

これは、もしかすると捏ね方がいけないのかも?と思い、ホームベーカリーでベーグルを試すことにしました。おいでませSD-BMT1001-T

 

f:id:parapara29:20160321001402j:image
ホームベーカリーで1時間くらい捏ねあがった生地を取り出し、丸めるところ。黒いポツポツは、そうです。宮島産の鹿のフンです。 
 
 
f:id:parapara29:20160321001420j:image
 ちなみに、cuocaでチョコと粒ジャムを購入して使ってみました。。粒ジャムとか、響きが相当美味しいそうですね。 
 

f:id:parapara29:20160321001336j:image
30分の二次発酵後。え、大丈夫?ぶよぶよになってますけど・・・これは失敗かも。
 


f:id:parapara29:20160321001317j:image

15分程焼いて完成。あれ、意外にまとも。
 
食べた感想として、明らかにホームベーカリーで捏ねた方がふんわりとしていました。ふんわり感のあるベーグルを求めるなら、お店よりも美味いと思います。焼きたてに勝るものは無いですね。ちなみに、普段の手ごねベーグルはぎっしりという感じ。ホームベーグルでは一次発酵までしっかりとやっていますが、手で捏ねた場合には二次発酵だけにしているので、その差かもしれません。手で捏ねているほうは発酵時間も短いので、ちょっとイーストの匂いが残る感じはします。
 
これを食べると、手ごねやめようと思ってきました。ホームベーカリーの方が、美味しい・・・調子に乗って、手で捏ねたベーグルを人に披露していなくてよかったです。笑
 

【映画レビュー】ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション ★★★

映画
 
例によって、今更感のある映画レビューです。レンタルが始まって準新作になると借りてレビューする感じなので、公開から一年近く遅れますね。本国公開から言えば、日本公開もそのくらいずれていることもあるので、問題ないでしょう。はい。無理矢理自分を納得させることは得意です。
 
この映画、いつも通りの面白いスパイアクションでした。批判ではなくて、これにつきます。決して面白くないわけではなかったですが、群を抜いて面白いとは思わなかったです。
 
個人的に思ったこの作品の見所は5つ。
・撮影場所
・アクションシーンの多さ
・コミカル
・最新のテクノロジー
・シンプルなストーリー
 
 

撮影場所

カサブランカ、ウィーン、ロンドン、と有名な場所が多いですね。いかにも悪党のアジトという撮影場所は少なく、旅行で行ってみたいな、という場所で多く撮影してました。ウィーンもロンドンも綺麗で是非いってみたい。また、モロッコはアフリカの中でも街や景色が一番良くみえますね。間違いなく撮影コストがかかる場所で撮影されていて、どうだ!すごいだろ!感が伝わりました。次回作があるかは知りませんが、日本の電車車内や、朝のサラリーマンごった煮な品川や東京駅でも撮影してみて欲しいです。親近感が湧いて、絶対見ると思います。

 

アクションの連続

アクション映画なので、まぁアクションが多かったです。笑 よくある展開で、序盤に派手なアクション持ってくる、ちょっとストーリーが進む、また、大きめなアクション持ってくる、悪党退治に向けて長めのストーリーを練る、ラストの派手なアクション、のような流れですね。ちょっとストーリー進めてすぐアクションを挟むあたりが、飽きさせない工夫ですかね。
 
面白かったアクションは、モロッコの高原をバイクレースするところですかね。スピード感と景色がすごかった。対向車が沢山来るところも、スピード感を出すのに一味買ってました。もちろん、鉄砲撃ってばんばんばんや、肉弾戦のアクションもありました。
 
 

コミカル

コミカル俳優を起用していることからも、アクションの中にコミカルさを入れる工夫が見られました。前までこうだったっけ?
 
コミカルさの例で言えば、序盤の飛行機に掴まり中に入ろうとするシーンで、開けるドアを間違える等はその代表例でした。やりすぎると、またこの展開かとうんざりしますが適度だったので楽しめました。
 

最新のテクノロジー 

スマートメガネ、タブレットPC、コンタクトのPC?、3Dプリンター、割りと新しいIT技術か出てました。スパイ映画も進化しましたね。SFではなく、現代の技術で、一般人は持ってないですが最先端の専門家はもってるかも?というギリギリの設定。昔も携帯電話はそうでしたもんね。 攻殻機動隊のような未来ストーリーが、5年後あたりあるかもしれません。
 
 

シンプルなストーリー

悪の組織がいる。それを突き止める。このシンプルなストーリー。分かりやすくて好きです。あとは、鉄板ネタの爆弾カウントダウン。もちろんあります。これがないと、物足りないですね。笑 カウントダウンなので時間が一方的に減るにつれて緊張がたかまるのですが、本当に緊張させるのであれば、増えたり減ったりすると緊張感増しますね。あとは、風船が膨らんでボカンのようにビジュアル的な演出もつけたらさらに緊張感あります。
 
というあたりが面白かったです。うっすらとした記憶で、前評判が良くて今後のアクション映画の基準になるとまでかかれていたかと思いますが、そこまでか?というものでした。2時間10分は長かったなぁ。今回、一番驚いたのは、トム・クルーズがもう50代ということですね。
 

f:id:parapara29:20160327120001p:plain

 
 

親しくない近所の人にお土産を貰ったとき、どうしたらいいんだろうか。。。

雑記
今の家に住んで五年になる僕が、はじめて近所の人からお土産をもらった話。

日曜の昼頃、止まれ!止まれ!止まれぇ!という僕を無視して、三歳の息子が家を飛び出し、50メートルくらい走り去り、角を曲がり姿が見えなくなりました。

どうせ近所のアスレチックに行ったんだろうと思いましたが、車に引かれることが怖いので、追いかけようとした矢先、近所のおばあさんが僕を呼び止めました。  

いつもの回覧板ですよね。受け取ってすぐ子供を追いかけよう。

というテンプレート的な流れを想像したのですが、そうではなくて、「家を空けてご迷惑をお掛けしたので、つまらないものですがどうぞ。。。」ということで、何やら箱を渡されました。

ん?なんですかこれ?
えっ。どこ行ってたんですか?
そもそも、いなかったんですか??
今更ですが、お名前は・・・??

質問が日本昔話のご飯のようにモリモリでしたが、子供を追いかけなくてはということで、ありがとうございます、とお礼だけ伝えました。

あらためて頂いたものを見ると、箱に豪快にアンコールと書いてます。バーコードもアンコールワットアピールしてます。なるほど。カンボジアですか。そのくらいの知識ありますよ。ご無事でなによりです。

箱を開けると、どうやらクッキーっぽいです。

むむむ。これは困りました。

ご厚意は大変ありがたいのですが、僕は海外の食べ物がかなり苦手なのです。たとえお菓子であっても、妙に甘すぎたり、謎のフレーバーがあったりで、食べられないことがよくあります。かといって、捨てることもできません。どんな理由にせよ、食べ物を捨てることは大嫌いなのです。

f:id:parapara29:20160324005122j:image
ちなみに、裏面はこんな感じでした。バーコード、これで読めるんですかね。読めても読めなくてもなんか悔しいので、試しませんけど。

そもそも、今までお互いにお土産やお裾分けを一切していなかったので、これからそのあたりも考えなくてはいけませんね。うぅ。。。めんど。。。。


うーん。複雑な気持ち。

こんな時、どういう顔したらいいかわからないです。

笑えばいい、という回答が違うことだけは分かっています。





いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう は もののけ姫エンド? その2

ドラマ

科捜研の女」が見たい!と連呼する3歳の息子をなだめ、なんとか最終回まで見ました。

 

f:id:parapara29:20160321235623p:plain

前回も登場したこの写真は、わざわざフジテレビまで行って撮ってきました。笑

 

そんな苦労も報われず、なんと、今までの月9歴代で最低視聴率だったとのこと。個人的には面白かったですが、全般的に暗い雰囲気が中々支持されなかったのでしょうか。それとも直球すぎる表現が支持されなかったんでしょうかね。それとも、長いタイトルを覚えることに必死で、いつ放送日か忘れてしまったのでしょうか。真相はわかりません。

 

para-no-para.hatenablog.com

はい、前回までです。

 

今回は9回、最終回と書きます。例によって、あらすじはぼんやりとしています。気になったセリフ中心でまとめて、最後に感想です。

 

第9回

あらすじ:練と音が二人でいるところに、音の彼氏である井吹がやってきました。非常に緊迫した空気の中で、練が帰ることになります。井吹は音との結婚をさらに急ぐようになりました。一方、練は音への想いがさらに強くなっていく・・・

 

お。うまくあらすじをかけた気がします。今回の気になったセリフとしては、井吹が音に結婚を促すために言ったこのセリフです。

井吹「君の前ではいつも笑顔でいる。君の大切な仕事や部屋は僕が守る。君だけを好きでいる。どうかな。これが今の僕が選んだ一番幸せな現実です。」

井吹「二番目や三番目に好きな人と結婚して幸せになっている人は多い。」

井吹「恋から始まらなくていい。ここで生きよう。一緒に生きよう」

 なんたるコンビネーション。ジャブ・右ストレート・左ストレートの渾身のコンビネーションですね。僕であれば、KOどころか全身骨折するくらいの感じですが、音はまだ揺れていました。ただ、それでも何とか決意を固め、友達の木穂子に井吹と結婚しようと思うことを伝えます。

音「二年も付き合ってきた。今更彼を裏切れない」

木穂子「自分の気持ちを裏切らないで」

 うまい!コンマ5秒くらいで、この素晴らしい切り返しが浮かぶ木穂子に嫉妬しました。こんな綺麗な返しができれば、きっと仕事もうまくいくだろうな・・・

 

ということで、音が練に正式に断ろうとしたところで、最終回です。

 

最終回

あらすじ:練に断ろうとした音ですが、トラブルで行けなくなります。また、その時に頭を打ち、病院に運ばれます。病院で、音と練との想いを感じた井吹は、身を引くことを決めます。ただ、音は育ててくれた家族に不幸があり、北海道に戻り生きていくことを決めます。北海道に戻った音を追いかけ、練は会いに行きました。

 

どうでもいいですが、この回は拡大版を意識してかCMがかなり短かったです。ありますよね。15分だけ伸ばすこと。最終回だけ若干伸びることがよくありますが、それに対応できるようになっていました。うん。僕はCM短い方が好きです。

 

この回、20分くらいファミレスで練と音が会話するシーンでした。初回もファミレスで話をするシーンがあったのですが、最終回もファミレスで二人が話すというシーンでした。コスパのいいドラマですね。

 

このドラマ、タイトルからはバッドエンドをかなり連想させるものでしたが、結果としてはバッドエンドでもなく、グッドエンドでもなく、もののけ姫エンドでした。どういうことかと言いますと、お互い好きでも離れて暮らす。二人とも離れていても、ちゃんと暮らそう、ちょくちょく会おう的なもの。

 

僕の解釈がずれているかもしれませんが、まさにアシタカとサンですね。

 

んー、納得したかと言われると、微妙です。練が北海道で暮らせばいいのでは?と思うくらい。これ、みんなそう思ったんじゃないでしょうか・・・・

 

ただ、夢オチや片方が亡くなったなどの展開でなかっただけ、まだ納得しています。コテコテのラブストーリを見ると、おっさんの僕でも恋愛感情が呼び醒まされるかと思いましたが、全くそんなことはありませんでした。が、普段見ているドラマで抱かない吐き気や違和感に、毎回ドキドキし、気づくと毎週楽しみになったことも事実です。総じて満足なドラマでした。たまには普段見ない類のドラマを見るのもいいですね。このドラマは、JPOPの歌詞をまともに聞けない人にこそお勧めです。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう は もののけ姫エンド? その1

ドラマ

今更ですが、このドラマタイトルが長くて覚えられません。

f:id:parapara29:20160321235623p:plain 

 

あー、なんだかんだで楽しみにしていたのですが、終わりましたね。いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう。これと真田丸しか見てないので、終わった途端もの悲しさが漂ってきました・・・毎回、脚本家が気合を込めて書いたと思われる名言をメモして、隣の新人君に気合を込めた顔で披露するのが楽しみでした。

 

では、6回からズバッと最終回までダイジェスト+感想を一気に書き始めます。が、まずは6〜8回までです。

一応、過去はこんな感じでした。

 

para-no-para.hatenablog.com

para-no-para.hatenablog.com

para-no-para.hatenablog.com

para-no-para.hatenablog.com

 

 

例によって、細かい内容に誤植あるかもしれませんが、寛大な心でご容赦ください。

 

一応、主要人物をあげるとしたらこんな感じです。

練:高良健吾

音:有村架純

井吹:西島くん

木穂子:高畑さん

晴太:坂口健太郎

小夏:森川葵

 

 

第6回

あらすじ:練が会津に戻り、5年がすぎた。音と井吹は付き合うようになった。そんな中、練は東京に戻ってきていた。練は人を陥れるような仕事をしており、昔の優しい練では無かった。そんな中、音と再会する。

 

うん。ドラゴンボールやワンピース、ナルトもそうですが、途中で一気に年数が経過するとワクワクしますね。新しい必殺技を覚えて帰って来るんじゃないかと期待しました。が、練が変わったのは髪型と雰囲気が刺々しくなったあたりですね。

 

音との再会はすれ違いにすれ違いを重ねて、8回あたりまで引っ張るのかな?と思っていましたが、さっくりと再会します。ですが、中々以前のように心を開かない練に対し、音が練の職場に突撃します。すごい行動力。

 

その時の名言

練「何の用ですか?」

音「用があるわけない。あるわけないですよ。顔が見たかっただけ。声が聞きたかっただけ。無事でよかった。」

 

はい。言ってみたいですね。このセリフ。人生5回くらいやり直しても、多分思い浮かぶことは無いと思います。よくある展開では、「用があるわけないです・・・沈黙・・・」で止まってしまいますが、その後のセリフをしれっと言えるところが、このドラマの凄さですね。直球すぎて言えません。

 

そういえば、余談ですが、僕はなんで直球を言えないんでしょうね。昔から僕は直球を放ったことがありません。というより、そもそも恋愛でボールを投げていません・・・自信の無さと妙なプライドから、ボールを投げること自体を躊躇っていたのかも。

 

では、次です。

 

第7回

あらすじ:練が刺々しくなっていたのは理由があった。大好きだった祖父が練のことをひどく扱ってから死んでしまった。また、幼馴染の小夏は、時々自分を抑えられなくなっており、学校に通い始めては辞めることを繰り返していた。練はそんな小夏を見捨てることができず、小夏のために学費を稼いでいた。一方、音の彼氏、井吹も昔と変わっており、父親の跡をついで敏腕サラリーマンになっていた。

 

再会して一瞬で刺々しい練から昔の練に戻ったら、それは最早催眠術と同等ですね。さすがにそこまで展開は早く無く、今回もまだ刺々しい状態です。ですが、ふとしたことから音が練の祖父が死ぬ間際に購入したレシートを見つけ、練に祖父はひどい死に方では無かったことを伝えます。そのことで練の刺々しさが無くなり、昔の状態に戻りました。二人は相思相愛っぽいですが、この後はどうなることでしょうか。

 

今回は井吹の名言が飛び出ていました。割とよく、名言出してます。音が練と会いに行っていることを聞き、言った一言。

井吹「昔好きだった人になんで会いに行くの?会っていいとか、会ったらダメだとか、どっちも言いたくないよ。」

 

ダメです。このセリフを言うことが一番恥ずかしいです・・・

 

 

第8回

あらすじ:正直、あんまり覚えていませんが、どうやら相思相愛の二人が徐々に距離感を縮めて行った中でのお話。音は井吹との関係がギクシャクし始め、小夏は練が音と距離が近くなっているのに気づき、さらにオカシクなっていきます。

 

この回は、覚えていませんが名言が多かったようです。

 

小夏のことを好きな晴太が、小夏から言われた時のやりとり。

小夏「晴太って何者なの?」

晴太「君のことを好きな男。それだけ知っておいてもらえれば、僕は幸せです。」

 うぉ。食べたばかりの湯豆腐を吐き出すかと思いました。直球というより、最早暴投です。頭めがけて飛んできた感じ。。。最近受け付けられないのは、焼肉だけかと思っていましたが、「好き」や「幸せ」など、J-POPの歌詞に出てきそうな言葉が受け付けられなくなっているのを感じます。年齢って怖いですね。

 

それとは対照的な練と音とのセリフ。音はいつも人と違うことが好きで、多数決で言えばいつもダメな方にいるという話をした中で、練が音に言ったセリフ。

練「多数決でダメな方でいいじゃないですか。俺は最後までそこにいます。」

音「へぇ・・・」

練「ずっといます・・・」

 うむ。高良健吾はカッコイイな。

 

はい。カッコイイ人は嫌いです。

 

疲れてきたので、次回に続けます。